よく言われる探偵の七つ道具とは

探偵のイメージと現実の違いは

普段抱いている探偵のイメージとのギャップ

そして業者の中で特に突っ込んだところまで調査をしてくれる存在に探偵事務所が上げられると思います。
地道な仕事ぶりとネットワークの広さ、時には法律すれすれのところまで踏み込んだ調査など、特に浮気調査などでは辣腕を発揮するところが評判の高さを表していると思います。
ただ報酬は個人でやっているところも多いと聞きますので相場より高めと聞きます。
まあ、支払った分以上の仕事をしてもらえる期待も大きく、そういった意味では頼れる業者といえるでしょう。
ただ我々が持っているイメージとはギャップがかなりあるようですね、どうしても我々はドラマや映画のイメージで見てしますことが多く、派手な印象がありますが、実際はいたって地味で粘り強い仕事が身上のようです。

意外と地味な探偵のお仕事ぶり

まず依頼を受けるとそのターゲットの身辺調査から始めます、顔写真などを利用した地道な聞き込みが要求されます。
それから得た情報が固まると次は尾行がスタートします、ターゲットの生活スタンスと第三者との接触の現場を押さえにかかります。
そうして慎重に慎重に確証への輪を狭めていきます。
当然相手にばれてはいけないですし、それでいながら決定的証拠を押さえにかかるのですから、常に細心の注意観察が要求されます。
そうして決定的瞬間が訪れたら日時、場所、接触した相手との関係を確認し背職現場を写真に収めます。
そして浮気調査の場合は相手とホテルに入ったかなどの場所確認等証拠固めを子なったのち報告書の作成にかかります。
そして報告書が完成したら依頼者に提出して仕事は終了となります。


▲ TOPへ戻る