よく言われる探偵の七つ道具とは

本当にある探偵に必要な七つ道具とは

探偵が仕事をするとき使用するツール

さて意外と地道な作業で成り立っている探偵の仕事ぶりを見てきましたが、探偵はまったくの丸腰で道具もなしに仕事を遂行しているのでしょうか。
決してそんなはずは無く、何らかの専用ツールは持って仕事を遂行しているはずです。
われわれにはとても検討がつかないですね。
まあ、自動車は最低持っているでしょうね、これがないと気が付かれないように尾行もできないですし、第一移動して対象者を追うことができませんね。
あと、ヴィデオカメラかコンパクトなカメラは必要ですかね、これがないと現場が押さえられません。
と、そんなところまでは素人の頭でも想像ができるのですが、いったい探偵は実際どんな道具を使って調査の成績を上げているのでしょうか。

本当に存在する探偵が使う七つ道具とは

探偵の七つ道具といいますが、そんなものは実際にあるのでしょうか。
調べてみるとあるんですね、実際に。
まず自動車ですね、これはかなり重要な道具です。
長時間ターゲットの張り込みをする場合には自動車が基地となります、見つかりにくいのも長所ですね。
次はコンパクトカメラですね、これは当然証拠現場を証拠として残すために必要なものです。
お次はICレコーダーでしょう、ターゲットの会話を録音します。
次は返送道具、身を隠すために必要ですね。
そして交通ICカードですね、電車などでターゲットを追うのに必要です。
次は自転車、これは」完全に尾行用で普段は自動車に積まれているようです。
最後はこれが一番以外、ビニール袋です。
手ぶらで尾行するとバレる場合がありますが不思議なことにビニール袋ひとつで周囲に溶け込むことができます。
以上のような七つ道具を駆使して日々探偵は調査を遂行しているのです。


▲ TOPへ戻る